令和2年5月21日・・・「魚の骨」

2020-05-21

ハイ!いらっしゃい!!

 

5月21日・・・

季節外れの肌寒さ・・・

朝5時・・今朝はなんだか寒いな・・

空も微妙に曇っているし・・・

一日気温は上がらないようですね・・

静岡流通センター付近 曇り

さて、焼き魚お好きですか・・

骨がついてる魚を食べていると・・

うまくとったつもりが・・うっかり口の中に骨が・・

なんてことよくありますよね・・

そんなとき・・どう口から骨を取ってますか・・

指で・・・なんていう人いませんか・・

それついやってしまいがちだけど・・NGですよ。

口の中から何かを取り出す・・これ大変見苦しい行為なんです・・

ただし・・仕方ない状況ときは・・

懐紙を使いましょう・・

懐紙で口元を覆い隠し・・取り出す

魚の骨に限らず・・果物のタネなども・・

そんなのいつももってないよ・・

ですよね・・・なら、

使いにくいかもしれませんが箸を使うのがマナー・・

とにかく手を汚さないようにすることが大切なんです・・

ちなみ、人前での話ですからね

一人の時はご自由に・・・

でわ、今日も愉快にファンキーでいきましょう!

Let’s do our best day today!

【今日の気になる言葉】

「時代の先を読む眼」とは、表面的な出来事を見ることではなく、水面下で起きているさまざまな事象を注視すること。」

羽生善治氏の言葉

Copyright(c) 2012 Oguraya All Rights Reserved.